コエリさんの伝筆のご紹介


伝筆で、スムーズなコミュニケーションのお手伝い



伝筆とは…

  • 伝筆は、筆ペンを使用します。黒やカラーインクの筆ペンは、手軽に持ち運びができますので、いつでも、どこでも描くことができます。 

  • くせ字を魅力に変える「7つのコツ」を活用して描くことで、「ユニーク」で「あたたかい」文字が「だれでも」描けるようになります。 

伝筆との出会い

伝筆=つてふで と読みます。

 

工房丸太に使用する文字をネットで探していると、伝筆協会の文字を目にして・・伝筆?

・・あっ!これが伝筆!!

凄い。すごい。電光石火…  伝筆に一目ぼれ。
すぐ協会の養成講座に申し込んでいる自分にびっくり!

師である、協会理事侑季蒼葉先生の元、奥が深い筆文字に毎日触れて日々精進しております。

わたしは、今日まで多くの方と接して気づいたことがありました。


自分の想いをうまくお話しできる方、想いを言葉にして相手に伝えれる方と、

 

自分の想っていることを,どうしても相手にうまく伝えれない、言葉にできない方がいる。

話すのが苦手

自分の中の無意識に刷り込まれた、上手く話せるかしら?苦手(下手)だ…、という意識=執われを外します。

実は ここが難しいところですね。

 

誤解が生まれないように、上手く相手に思っていることを伝えていけたら、どんなに楽になるだろう・・

そして・・・心を切り替えることができたら…、

 

伝筆の技術を使って、自分の心の中の想いを文字にして、上手く表現する方法を身につけませんか? 

【伝筆をたそう!(+)】 人生に伝筆を取り入れて暮らす

伝筆とは

「つて(ご縁)をつくる」

「つて(ご縁)をたどる」

「つて(ご縁)をひろげる」

「つて(ご縁)を深める」


伝筆でほっこり ひと筆さらさら

伝筆は描く事が苦手な人にも

その人にしか描けない、世界で一つのメッセージが、出来上がります。

コツを掴めば誰でも、一日で描けるようになります。

 

伝筆で描いた文字は…不思議な言葉のちから、文字のちからを感じます。

伝筆の文字力、字体の力が流れ、素直な心、勇気づける言葉、あたたかい言葉、厳しい言葉、戒めることば

 

伝筆文字だから伝えていける、そして素直な自分と出会えることでしょう!

多くの場面で皆さんびっくり! 

お役に立つ特技として伝筆を活用していけます。

 

活用できるようになると、”伝筆メリットがやってきます!

あなたは好印象!高評価!あっ、あの人ー!と、一度で覚えてもらえます!!

早速実践していきましょう♪